肌の再生効果

シルクフィブロインで注目すべき効果は、やはり、肌を再生させる機能です。肌は新陳代謝によって、日々生まれ変わり続けているものですが、その代謝サイクルは年代によってだんだんと長くなってくるといわれています。

10代、20代の場合には、20日から1カ月程度で生まれ変わるとされていますが、50代になると75日にまで伸びてしまいます。そのため、年齢肌になると、肌の再生を促進させることの重要性が増してくるといえるでしょう。そして、この肌の生まれ変わりである、ターンオーバーにとって大切な要素が、乾燥・紫外線対策です。紫外線を浴びると肌はダメージを受けてしまい、適切なターンオーバーを行うことができません。そこで、シルクフィブロインは、紫外線をカットする効果を持っているため、肌の再生補助を行ってくれます。

また、水分の保持にもシルクフィブロインは、有効に作用してくれます。シルクフィブロインは、肌に薄く広がりバリアのような状態になります。それによって、肌の水分が体外へ逃げてしまうのをしっかりとガードしてくれるのです。乾燥は、肌荒れにとって大敵なため、水分を逃がさずに保護してくれるシルクフィブロインのスキンクリームは、有効な対策になるでしょう。

シルクフィブロインの安全性

シルクフィブロインが配合されたスキンクリームで、界面活性剤を使用しなくても良い理由は、シルクフィブロインが、乳化剤として作用することが分かったためです。乳化剤とは、スキンクリームに含まれている水分と油分を混ぜ合わせるためのものであり、これが無ければスキンクリームを作ることはできません。

シルクフィブロインは、吸脂性多孔質を持ちます。この多孔質が、脂肪を吸収して乳化する機能を持っているため、乳化剤として用いられるのです。界面活性剤は、洗浄作用も持っているため、皮脂を溶かしてしまうことや、たんぱく質の変性を引き起こしてしまう危険性があります。そのため、皮脂が奪われてしまい肌が乾燥してしまったり、小じわ、たるみといった肌トラブルの原因になったりしてしまいます。そのため、なるべく界面活性剤は使用しない方がいいと言われているのです。

シルクフィブロインが配合されているスキンクリームは、肌に優しく、安全性の高いものとされています。発売されている製品のなかには、「食べても人体に危険性がない」とまで言われているものがあります。今まで、スキンクリームで肌荒れを起こしてしまった方や、自然由来の製品を求めているという方は、シルクフィブロインをご利用になってください。

新しいスキンクリーム

シルクフィブロインという名前を聞いたことがあるでしょうか。シルクは繊維の種類の「シルク」のことです。シルクを分解すると「フィブロイン」「セシリン」という2種類のたんぱく質となります。そのシルクに含まれているフィブロインのみを抽出したものがシルクフィブロインなのです。

このシルクフィブロインは、脂肪吸着素材(余分な脂肪に吸着して、それを体の外側へ排出する役割を持つ食品)であり、ダイエット食品として注目を浴びていました。また、それに加えて、皮膚へ塗り付けた場合に、UVカット機能があるということが判明して、スキンクリームにも使用されるようになったのです。

シルクフィブロイン配合のスキンクリームを塗ることで、肌のターンオーバーが活性化され、肌トラブルであるシワやたるみなどの改善に期待をもつことができます。それに加えて、皮膚細胞の生育を促進させる機能も持っているため、保湿・潤いを保つこともできます。

そして、着目すべきは、シルクフィブロインが配合されているスキンクリームの特徴として、界面活性剤が不使用のものが多いということです。界面活性剤は、スキンクリームを製造する際には不可欠とされてきましたが、その一方で、肌への悪影響も懸念されています。それでは、なぜシルクフィブロインが配合されることで、界面活性剤を使わないスキンクリームを作ることができるのでしょうか。こちらのサイトでは、シルクフィブロインのスキンクリームの特徴に迫ります。